氷川キャンプ場(東京都)

だいぶ前の記録となるが、キャンプの移動で最初にセローを使った回であるので後れ馳せながら記録を残しておく。

2019年1月12~14日にかけて、奥多摩の「氷川キャンプ場」に行ってきた。このキャンプ場はJR青梅線奥多摩駅から徒歩3分の距離にあり、「電車で行けるキャンプ場」として首都圏キャンパーにはよく知られている。

 

そんな地の利もあり、これまでもよく鉄道で訪れては利用したものだが、今回は少々事情が異なる。今回は鉄道による移動ではなく、オートバイによる移動であるという点だ。

 

一日目

前年となる2018年11月に導入した、ヤマハ「セロー250」2018年式のツーリングセロー仕様。これが今回の移動手段となる。

f:id:big-bros:20190118141332j:image

前の週にテストしていた積載方法で装備類を積載。自宅より下道で約75kmほどの道を走る。途中「セブンイレブン福生熊川店」にて休憩。都心から離れるとコンビニに駐車場がつきはじめる。

f:id:big-bros:20190205123540j:image

さらにそこから1時間20分ほどで到着。速く走ることにはあまり魅力を感じないというか、それによるリスクのほうが心配なので制限速度を守って走行してきたわけだが、その脇をトラックなどがオレンジの中央線を踏み越えて追い抜いていく道路交通法の無法地帯だった。

f:id:big-bros:20190205124206j:image

受付を済ませ設営。今回も角渕や大洗で用いたポンチョタープを持ってきたのだが、テントと分けて立てると別料金になりそうだったのでタープなし。mont-bellのミニタープにすれば良かった。結果としてDUNLOP VS20テントひとつの設営となった。

 

しかし移動手段にバイクを選択したことにより、フルサイズの焚き火台の輸送が可能に。設営後早速火を起こして昼食。今回はbushcraft inc.の「焚き火フライパン」を試験投入。購入した薪の中の一本を柄に加工して、マルちゃんのソース焼きそばを作るなど。
f:id:big-bros:20190205125127j:image
f:id:big-bros:20190205125109j:image

鋳造スキレットは重いのであまり装備に加えたいと思わないが、こちらは結構ありだと思った。

夕食は角渕で作ったのと同じナポリタン。f:id:big-bros:20190205125947j:image

こちらを作る過程で、ドイツ飯盒とドイツ軍カトラリーの思わぬ合わせ技を思い付いた。
f:id:big-bros:20190205130158j:imagef:id:big-bros:20190205130208j:image

カトラリーのケース兼缶切り/栓抜きの先端を、ドイツ飯盒の蓋のハンドルにある皮通しに差し込むと、延長ハンドルとして使える。ハンドル自体が鉄製なので、火にかけていると熱くて持てなくなることがあるが、そんなときに使える技。

夕食後、まだ営業時間に余裕がありそうだったので「奥多摩温泉 もえぎの湯」にて入浴。食事はラストオーダーに間に合いそうになかったし夕食後なので断念したが、ここに来たらやはりこれ。
f:id:big-bros:20190205131044j:image

ここには「王冠で蓋をされたガラス瓶のコカ・コーラ」がある。奥多摩に来たらこれは欠かせない。

風呂から戻り、火の始末をして就寝。

 

二日目

冬の奥多摩の寒さも、mont-bellダウンハガー900#1のお陰でしのぐことができた。無事翌朝を迎える。

本来であれば「キャンプ中に外食はしない」というポリシーには反するのだが、朝から温泉に向かいそこで朝食を採ることにしたところ、面白い偶然が。f:id:big-bros:20190205131742j:image

温泉の駐車場バイク置き場にとまっていた先客の車両が自分と同じくツーリングセローだった(年式は違うが)。二台のツーリングセローが並ぶ光景が面白かったので撮影。ただ、オーナーさんと顔を合わせることはなかったのが少々残念ではある。

お土産を売っていた売店で、おこじょのぬいぐるみがこんな感じで見上げていたので、

f:id:big-bros:20190205132921j:image

つい一匹買ってしまった。
f:id:big-bros:20190205133141j:image

朝食は根っ辛そば。山葵の鮮烈な香りが心地よい。
f:id:big-bros:20190205133649j:image

 

温泉から戻り、しばし休憩の後夕食の準備。

メニューはニューコンミートカレー。日本のアウトドア料理で最もポピュラーなものがカレーだが、使用される食材のなかで肉だけが非常にシビアな鮮度管理を求められる。この点を改善すべく昨年の昭和の森フォレストビレッジ以来方法を模索しており、たどり着いた結論が缶詰めのコンビーフを用いるというもの。今回は馬肉入のニューコンミートを用いるため、ニューコンミートカレーである。ドイツ飯盒でカレーを作り、兵式飯盒でご飯を炊く。


f:id:big-bros:20190718115732j:imagef:id:big-bros:20190718115806j:image
f:id:big-bros:20190718115946j:imagef:id:big-bros:20190718120006j:image
f:id:big-bros:20190718120428j:image

食事後はのんびり焚き火。残った薪をあらかた燃やし尽くして就寝。

f:id:big-bros:20190718121921j:image

 

三日目

テントに霜が降りていた。朝から冷える。f:id:big-bros:20190718122527j:image

撤収日なのでテントやマット、シュラフ等は早々にパッキングを済ませ、テーブル、チェアなど最低限を残してお茶を入れる。

それらも纏めセローに積載して撤収。氷川キャンプ場を後にする。

f:id:big-bros:20190718123759j:image

その足で「もえぎの湯」に向かい、この日程最後の温泉と食事を楽しむことにした。


f:id:big-bros:20190718124140j:image
f:id:big-bros:20190718124102j:image
f:id:big-bros:20190718124235j:image

温泉の後、風呂上がりのコーヒー牛乳、瓶コーラ、朝食に「川魚の塩焼き定食」とソフトクリーム。

f:id:big-bros:20190718124751j:image
f:id:big-bros:20190718124805j:image
f:id:big-bros:20190718124918j:image
f:id:big-bros:20190718124956j:image
f:id:big-bros:20190718125037j:image
f:id:big-bros:20190718125052j:image

前日に買ったおこじょさんが一匹ではかわいそうだという声があったので、冬毛の子と小さなサイズのおこじょさんを夏毛・冬毛で、一組、そしてニホンカモシカのぬいぐるみを追加で買う。
f:id:big-bros:20190718130020j:image
f:id:big-bros:20190718130041j:image
f:id:big-bros:20190718130103j:image

ニホンカモシカさんは「セローさん」と命名

食事と休憩が終わり、あとは帰るだけとなった。


f:id:big-bros:20190718130341j:image

セローに乗るセローさん。

帰りは来るときと違い休憩なし。都心に近づくにつれてコンビニから駐車場がなくなっていくので、休憩できる場所も減っていくためだ。

0245頃、自宅到着。


f:id:big-bros:20190718130739j:image
f:id:big-bros:20190718130800j:image

このキャンプで自宅到着時点でのオドメーターの値が482kmほど。まだ最初のオイル交換を行う前だったことがわかる。
f:id:big-bros:20190718131230j:image

 

以上、セロー導入後初のソロキャンプ記録をようやく纏めることができた。1月半ばに行ってから、公開が7月半ばと実に半年のブランクを経ており、冬場に行ったキャンプの話を真夏にお届けすることになったが、まあ色々と纏める時間かなかったという。twitterのほうではリアルタイムに書いていたので、記憶の曖昧なところもそちらの記録を元に思い出すことができた。

その後も、4月末~6月半ばにかけて行われた「多摩川源流ジャーニー」のために幾度か氷川キャンプ場で一泊ソロキャンプを行っているが、そちらは「宿泊施設としての利用」という側面が濃いので、あまり密度は高くない。そろそろ夏にもなったことなので、また別のキャンプ場にも足を運んで見たいところ。

謹賀新年

既に七種の日付を過ぎてしまったが、年始の挨拶を。

慎んで新年の慶びをお祝い申し上げます。

 

年末は例年のごとく東京ビッグサイト、三ヶ日は帰省というスケジュールだった。

帰省についてはセローで行こうかとも思ったのだが、この時期の東北では路面が凍結する。冬場であっても凍結路面などほぼ無縁な東京で、秋頃に免許を交付されてまだ半年経っていない人間が、東北の凍結した路面を走るなど無謀というより他はないので、例年通り新幹線での帰省となった。

実家では年始祝いの食事の他、ゲームと初詣ぐらいしかやっていないが、初詣で赴いた大崎八幡宮にて交通安全の御守りなどを買ってみた。特に信仰があるわけでもないが、こういうのは所謂「己への戒め」というやつだ。

 

三箇日が明けた4日の朝に東京へ戻り、翌週の三連休に向けて準備を進める。そろそろこの羚羊に予定されていた本来の役割をつとめてもらうことになる。つまりは「キャンプの足」として。

 

これまで鉄道を用いた移動のため背嚢にパッキングされていた装備類を、セローへの積載を前提にパッキングしなおす。特に重要なのがマットで、これまで軽量化のためにEVA素材のものを選んだり、体積を減らすためにエアータイプのものを選んだりしていたが、輸送手段の確立によりインフレータブルタイプのものを使用てきるようになった。その他にもこれまで優先度の低さから軽量化のため除外していた装備品の幾つかを含めることもできそうだ。
f:id:big-bros:20190108004253j:image

テント、マット、シュラフなど体積の大きなものはシートバッグに入れず、別途袋に詰めた上で後部にネットで固定、シートバッグにはそれら以外の装備を格納する。焚き火台のような長いものは側面に沿わせる形で固定するが、その際ウインカーが見えなくならないように注意する。

装備品があらかた収まれば、あとは着替えや食材など直前に用意するものだけとなる。

 

あとは当日、現地にたどり着けるだけの体力が自身にあるかどうかだが、そればかりは実際に行ってみなければわからんな…

羚羊の旅支度

 

セローかツーリングセロー仕様になった。

購入契約時点でツーリングセローとして発注していたのだけども、オプション品のキットが遅れていたため、本体のみを先に納車してもらっていたのだ。先頃それらパーツの準備が整ったため、晴れてノーマル仕様からツーリングセロー仕様となった。

f:id:big-bros:20181224050140j:image

アドベンチャースクリーンやハンドルガードにより前走車などによる飛び石に強くなり、アルミエンジンガードの装備で障害物に乗り上げた際エンジンへのダメージが軽減される…らしいが、今のところそんなトライアルめいたダートを走ったこともその予定もないので、いつ出番がくるかはわからない。またそれらの出番は来ないに越したことはないものでもあるが、あると多少は安心といったところか。

アドベンチャーリアキャリアはキャンプ装備の輸送に一役買ってくれることが期待できそうだが、「公称されている」積載限界が6.5kgというのは少々心許ない気がせんでもない。6.5kgを具体的なもので例えれば、5kgの米袋と1.5Lペットボトル一本の水を乗せたら終わり、ということになるわけで。まあ、実際はもっと積めるだろうけども保証外。

f:id:big-bros:20181225115837j:image

さらに、ちょっとした買い物などで買ったものを持ち帰る際なにもないと不便だしシートバッグをつけるのも大袈裟なので、ちょっとしたサドルバッグを常備することにした。ここに各種サイズのツーリングネットを常備しておくとかできそうだ。

 

ひとまず今はこんな感じ。

羚羊は秋葉原へ

なんのことはない。セローで秋葉原まで行ってきただけのことだ。

 

当初よりはだいぶ公道にも慣れ、無事帰りつけたことが不思議なぐらいだったバイク屋さんとの間の道も初回点検で赴いた際には問題なく走れるようにはなった。約15km程度の道だが。

15km程度を問題なく走れるならば、概ね同程度の秋葉原へも行けるはずと考え、実際走ってみることにした。行きしなに給油のため最寄のスタンドに行ったところお休みのようだったので、検索して出てきた最も近いスタンドに赴くことに。初のセルフ給油となったが、特に問題はなく、概ね要領はつかめた。その後は一路秋葉原へ。車両をUDXの駐車場に預け、普段通り買い物に出る。


f:id:big-bros:20181211184026j:image

…しかし、これまでの行動の移動手段を置き換えるにはいくつかの問題があることに気づく。

まず、電車では往復の間寝ることができたが、バイクでそれは出来ない。買った本などを読みながら帰ることもできない。挙げ句、買い物が終わったあと行きつけの店で飲んで帰ることもできない。居眠り、よそ見、飲酒と、いずれもやろうものならば事故は必至の行動になってしまう。

 

…やはり秋葉原には電車で来るべきだなと思った。電車は偉大だ。

 

そんなわけで、CDやらなんやらを購入した後になにもせず帰る羽目に。味気ないが仕方ない。ひとまずこの程度の距離の街乗りは問題なくこなせるようになったことはわかった。

 

次はせめて20km以上離れた場所に足をのばしてみるのが課題か。

 

納車

先日購入したYAMAHA SEROW250が納車と相成った。

バイク屋さんまで電車で赴き、あとは現地から乗って帰って来たのだけども、正直公道を自分の判断で走るのは初めてなので終始パニックに近い状態だった。

見落としや誤判断、エンストなど数え上げれは切りがない。もっと公道を落ち着いて走れないと遠出は難しそうだ。

 

下調べをしている段階で多かったのは「納車後最初にやるのはガソリンを入れること」という情報。なので、帰着後給油と基本的な防犯グッズの調達のため再び乗り出したのだけども、車線変更がうまくできずナビが役に立たない。

車線変更のルールを思い出そうとしているうちにタイミングを逃してしまい、右折すべきところで右折レーンに入れていないため右折できず、余計な迂回路を通らねばならず、見も知らん路地に入ろうとしたら一方通行の出口だったりして慌てて引き返すなどもあった。歩行者の時は一方通行とか気にせんでもよかったものな…「あっちに行きたい」と思ったら「あっちに延びている道」に入れば良かったものな…車両ではそうはいかない。「車両としての目」で道を見る癖をつけないとダメだ。

赤信号の下の青矢印を見落として、いつまでも青に変わるのを待ってたら後ろからホーンでせっつかれたりもした。車両用の信号なんて歩行者として歩いてた時には気にしてなかったし、教習所にも車線の多い道路とか、青矢印の信号とかなかったな…学科ではやったけども思い出すのに結構な時間を要した。バイクは普通自動車と違って路上教習とかないから、この情報が人生で事実上初めて自身に関与するようになったんだよ、わかんないよこんなの…みたいな有り様でパニックに陥っていたのだ。

もう道路の全てが自分を陥れるために悉く罠を張っているようにさえ見えたほどだ。道がわからないからナビに頼るのだけども、ナビの示す道順さえ物理的に辿れない。結果、もっと知らない道に入り込む。

 

信号で停止して、発進時にエンストを繰り返すうちにまた信号が変わってしまったこともあった。セローはCB400SFみたいにすんなり出てくれないみたいだ。後続にも迷惑なのでちゃんとできるようになっておかねばならない。

 

正直、公道に居るだけで迷惑なレベルだと思うのだけども、実際走らないとできるようにはならないとも思うのがジレンマだ。なんにせよ、もっと知識を感覚で実践できる訓練が必要と考える。

それまで、少なくとも人様の車両にぶつけたり、人様を轢いてしまったりしないようにだけは注意せねばならない。あと、自分も死なないように。

大洗キャンプ場(茨城県東茨城郡大洗町)

11月3~4にかけ、大洗キャンプ場にて一泊してきた。

大洗と言えば、アニメ「ガールズ&パンツァー」の里としてもはやお馴染みの感がある。
f:id:big-bros:20181105182851j:image
f:id:big-bros:20181105180828j:image

f:id:big-bros:20181109144007j:plain


鹿島臨海鉄道大洗駅に着いた時点であんこうチームはじめ大洗女子の面子がお出迎えである。大洗町の方々も放映開始以来の巡礼者歓迎ムードで、大変に温かく迎えてくださった。到着当日は町でイベントが催されており、まずはそこで現地のものをいただいて昼食とする。蒸し牡蠣としらす丼、かに汁をいただく。そして先日書いた深川めしの材料として使うべく「あさりのしぐれ煮」を1パック入手。

深川めし - 人生戦闘詳報RX

現地の食材によるしぐれ煮があるのならば、持っていったあさり水煮缶詰めでしぐれ煮を作っている場合ではない。

その後はふらふらと現地を観光しながらキャンプ場へ。

こんな名所や、
f:id:big-bros:20181105190102j:image
こんな戦車返却場所(劇場版)などを越え、
f:id:big-bros:20181105190135j:image
キャンプ場到着。

f:id:big-bros:20181109144056j:plain

 

大洗キャンプ場はテント泊大人1泊1300円、車やバイク使用の場合、駐車料金が別途かかる。直火は禁止で要焚火台、松材の薪がひと束で500円。

今回はソロキャンプではなく友人たちと計3名での宿泊だが、装備は各自が持ち寄るというスタイル。


f:id:big-bros:20181105180051j:image

いつもは写さないDUNLOP VS20の後ろ姿。

各自のテントのほか、いずれ試すタープ泊の予行演習的に陸自迷彩ポンチョタープを簡易テントとして張り、薪の雨避けとして使用するテストを行った。また、今回は冬用に導入したシュラフ、mont-bellダウンハガー900#1を投入。これが実に正解だった。

 

設営後、食事が全て大洗の町での外食になりそうな方向に流れかけたので、そこは物言いを付ける形になった。我々は大洗に単なる観光で来たのではなく、大洗に「キャンプをしに来た」のだと。これは自身に定めたキャンプのルールなのだけども、

"設営から撤収までの間、原則外食はしない"

現地付近で食材の調達はしても、食事はたとえインスタントでもコンビニ弁当であっても「自身のサイトにおいて」行う。外食は設営までか、撤収後に限定する。他に自サイトで行うようなよりプライオリティの高い活動があるなら別だが、そうでない場合自サイトが「ただ寝る場所」になってしまいかねない。それではキャンプとして来た意味が薄れてしまう。

…ということで、市場で食材を調達する方向に。

市場にて、自分はかにグラタンを、メンバーが牡蠣と帆立を購入。昼間のあさりの時雨煮とあわせ、

 

あさりの時雨煮は深川めし

f:id:big-bros:20181109144033j:plain

 

牡蠣と帆立は焼き網の上で焼くことに

f:id:big-bros:20181109144128j:plain

 

こんな感じで夕食は現地の食材を美味しくいただくことができた。

キャンプ場は22時消灯なので、残りの薪を燃やし尽くし水で消火、完全な消火を確認の上就寝。

 

翌朝は6時ぐらいに起床。この時点の気温は8℃。シュラフとしてダウンハガー900#1を持っていって正解だった。コンフォート温度が-4℃なので、この冬各地の野営に活躍してもらおうと思っている。

 

銘々が起床後朝食を採り撤収準備。チェックアウトは10時。キャンプ場近くのローソンでソーセージとコンソメのみを調達し、持っていった食材を使ってキャンティーンカップで作ったアイントプフを朝食とした。

 

その後は一先ず鹿島臨海鉄道大洗駅に向かい、大荷物の類をコインロッカーに収納の上「ゆっくら健康館」にて入浴。こちらキャンプ場の領収書提示で割引を受けられるので、大洗でキャンプの折にはぜひ利用したい。

入浴後、同施設内の食堂「ゆっくら亭」にて昼食。海鮮丼としらすおろしをいただく。

 

帰りは鹿島臨海鉄道大洗鹿島線にて水戸まで移動。水戸からは品川までの特急ひたちに乗り、首都圏へ。面子の降車駅が上野、東京、品川と見事に異なるため、終点品川までの自分は車内で他の2名を見送ることに。

 

キャンプ場について

大洗キャンプ場はテントサイトが非常に広く、大型テントのグループやファミリーのキャンパーが多かった印象。また、バイクツーリングのキャンパーも多い。

 

スーパー、コンビニ等が歩いてすぐの場所にある上、市場で新鮮な魚介も手に入るので、食材調達には困らない。同時に外食スポットも多いため、気を抜くとキャンプ場が寝るだけの場所になってしまいかねない「便利すぎるキャンプ場」だ。それは悪いことではないが、「サバイバル性」を求める向きには物足りなく感じるかもしれない。なので、何らかのルールを己に課してキャンプに臨むのが良いと思われる。

 

先日購入したセロー250の納車日一週間前の日程であったため自分達は鉄道キャンパーであったわけだが、次はぜひセローで来たいものだ。

 

 

YAMAHA SEROW250

先日普通自動二輪免許を取ったわけだが、免許があっても車体がなければ本人確認書類以上のものにはならない。また、本来の目的のひとつである「遠出の足」という意味においても果たせていないことになる。

…ということで、昨日車体の購入を契約してきた。排ガス規制をクリアした形で登場した、2018年式のYAMAHA SEROW 250 である。TOURING SEROW 仕様のオレンジ。

TOURING SEROW - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

納車は来月半ばぐらいになるとのこと。